たくさん飲めば効き目アップ!?めなりに副作用はあるの?

たくさん飲めば効き目アップ!?めなりに副作用はあるの?

 

めなりは、目の疲れや加齢に伴う視力減退などに良いとされる成分がたっぷり含まれた栄養機能食品

 

ここで気になるのは副作用ですが、医薬品ではありませんので副作用はありません

 

注意書きにも特に記載はなく、1日の目安量を守って飲んでいれば、期待する効果以外の症状が起こらない可能性が高いといえます。

 

しかし、、現在医療機関で治療中の方の中には、めなりの配合成分の内容を知っておきたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここでは、主たる成分「アントシアニン」や「ルテイン」、「ゼアキサンチン」に期待できる効果や副作用について解説していきますね。

 

>>めなりの公式サイトはこちら

 

アントシアニンは視物質の再合成に必要不可欠!気になる副作用は?

 

アントシアニンは、日本においては過剰摂取による副作用が確認されていません

 

ですので、めなりの1日摂取量を守って飲んでいれば差し支えないでしょう

 

アントシアニンは、「視物質」が再合成されるのを促します。

 

黄斑部に存在する視物質は太陽などの光に当たると分解するので、日常生活の中で光を受けていると、視物質は分解されていくでしょう。

 

こうした症状については、波長の小さい紫外線ブルーライトに関しても同様。

 

浴びる時間と量が多いと、同様の症状が生じます

 

不足分を補えるだけの視物質を、改めて合成しないといけません。

 

こんな時に、アントシアニンが視物質の合成を促すのです。

 

また、アントシアニンは紫外線やブルーライトなどを吸収する特性をもっているため、紫外線やブルーライトが体内に影響を及ぼす負担も軽くしてくれます。

 

結果的に、眼精疲労や老眼・遠視・近くのピント合わせに関する症状が軽減される期待が高まります

 

老眼予防には「めなり」を!眼精疲労の緩和に期待できる成分が充実!

 

アントシアニンの効果を支える2成分が光をしっかり受け止める!

 

めなりに含まれている「ルテイン」は、眼の水晶体と網膜上の「黄斑部」に多く存在。

 

目に見えない紫外線やブルーライトが眼を通過して体内に入ってこないよう、ブロックしてくれています

 

また、めなりには「ゼアキサンチン」も含まれています。

 

視力の維持に役立ち、ルテインとともに黄斑部に存在します。

 

黄斑部とは、目から入った光が水晶体を通ったあとに集中して集まる、網膜上のとある一部分のこと。

 

黄斑部の中心に光が集中し、それを受け止めるためにゼアキサンチン同士が結合。

 

そして、外周をルテインが囲っている構造をしています。

 

特にゼアキサンチンが足りないと、明るい時に光をしっかり受け止めて「見たものの像を認識する力」や「色を識別する力」が下がってしまうのです。

 

ゼアキサンチンは、ルテインの原子結合が変化して生成されますので、ルテインが少ないと必然的にゼアキサンチンも不足してしまいます

 

メイン成分の3つに副作用の可能性は低い!その他の成分の副作用は?

 

前述のアントシアニンルテインゼアキサンチンには、日本において副作用として認められている症状はありませんでした

 

めなりのメインとなるこれら3成分は、比較的安心して飲んで頂けます。

 

めなりはいつ飲むのが効果的?目に有効な成分を摂取する方法とは

 

しかし注意したいのは、βカロテン

 

めなりは栄養機能食品として販売するにあたり、1日あたりのβカロテン量を満たしていることから、めなりを飲み続けると夜間の視力の維持を助ける栄養素として体内で働く期待が高まります

 

βカロテン自体の摂取量は1日あたり3000μgが上限とされており、それに伴い、めなりも1日6粒までの処方で作られているのですよ。

 

そして、国内のGMP取得工場で製造されていますので、品質・安全管理もしっかりとされているので安心です。

 

まとめ

めなりは、アントシアニンなどのメイン成分を支えているβカロテンの摂取量によって、1日の摂取量が定められているのです。

 

アントシアニンの効果を最大限に引き出すには、油分と一緒にめなりを飲むと良いでしょう。

 

副作用もなく、安全に製造されているので、妊婦さんや子供さんも飲んで構いません

 

医療機関を受診している人やご自身で医薬品を買って飲んでいる人は、医師または薬剤師に相談してみてくださいね。