白内障の予防には目のアンチエイジングサプリ「めなり」が効果的!

白内障の予防には目のアンチエイジングサプリ「めなり」が効果的!

白内障の予防には目のアンチエイジングサプリ「めなり」が効果的!

 

水晶体が白く濁る症状が出始めると、白内障のサイン

 

とはいえ、自覚症状がほどんどなく、とても緩やかに進行するため、気がついた頃に鏡を見ると目の中央が白く濁っていることが多いのです。

 

白内障は、やがて失明につながる恐ろしい症状ですので、発症リスクを軽減させる習慣が重要

 

白内障は歳を重ねていくにつれて、綺麗に整列していた水晶体内のたんぱく質の構造が変性して白く濁り、光をまっすぐ通すレンズの役割を失うために眼が霞む・見えなくなるという症状が起こります。

 

老眼予防には「めなり」を!眼精疲労の緩和に期待できる成分が充実!

 

そこでオススメしたいのが、サプリメント「めなり」なのです。

 

めなりは、目のエイジングサプリメントとして必要不可欠な成分が豊富で、それぞれの成分の効果を引き上げる工夫がなされたサプリメント

 

めなりを摂取することで、白内障にどのような効果が期待できるのかをご紹介します。

 

>>めなりの公式サイトはこちら

 

白内障への効果が期待できる「ルテイン」や「ゼアキサンチン」が豊富!

 

めなりには、白内障を予防する効果が期待できるルテインゼアキサンチンが豊富に含まれています。

 

「ルテイン」は水晶体内に存在し、水晶体内で波長の小さな光を遮断することで、特定の癌に対する発症リスクを軽減させているという調査結果もあります。

 

また、ルテインは強い抗酸化作用も!

 

ある研究においては、高コレステロール値の食生活でも肝機能を維持できたり、眼球が酸化するのを防ぐことが分かっています。

 

一般的に、白内障の症状が出始めるのは歳を重ねて発症する「老人性白内障」が多いのですが、他にも次のようなタイプ別に分類されるのです。

 

白内障と同じくらい気になる緑内障。その効果については「緑内障に効果的?!視野が欠ける症状には「めなり」がおすすめ!」で詳しく解説していますよ。

 

病気の合併症として発症するタイプ

  • 糖尿病性白内障
  • アトピー性白内障

 

外的刺激により、水晶体内のたんぱく質が変性して白く濁ってしまうタイプ

  • 外傷性白内障
  • 放射線白内障
  • ステロイド白内障

 

年齢は関係なく、人体が受ける光が引き金になって白内障の発症リスクを高めることもあるのです。

 

ちなみに、水晶体内で遮断できなかった光をもう一度受け止めるのが「ゼアキサンチン」の役割。

 

ゼアキサンチンは、網膜上にある黄斑部に存在しており、黄斑部の中心に集中して分布しています。

 

明るい時に見た物の像を映す役割はもちろん、抗酸化作用を働かせ、ルテインのように光によって眼球が受けるストレスを軽減させ、抗酸化を促します。

 

まとめ

めなりには、眼球の酸化を防ぐために重要な脂溶性ビタミンが含まれており、白内障リスクを軽減させる効果が期待できるのです。

 

紫外線やブルーライトなどの光波長が小さい可視光線を浴びすぎると、白内障リスクを高めてしまいます。

 

ですので、ルテインビタミンCを補うことが白内障への進行を抑制することに繋がります。

 

そういった成分がたっぷり配合された「めなり」で、白内障リスクを少しずつ軽減していきましょう