めなりはいつ飲むのが効果的?目に有効な成分を摂取する方法とは

めなりはいつ飲むのが効果的?目に有効な成分を摂取する方法とは

 

めなり」は、目に必要な成分を効率よく補えるアイケアサプリメント

 

目に必要不可欠な「カロテノイド」という分類の色素、ルテイン・ゼアキサンチン・βカロテンが豊富に含まれています

 

さらに、これらの吸収を助けたり、抗酸化作用が期待できるビタミン群を多く配合していますよ。

 

これだけ目に必要な成分を詰め込まれた「めなり」は、いつ飲むのが効果的なのでしょうか。

 

>>めなりの公式サイトはこちら

 

めなりの効果的な飲み方は?

 

めなりは、食後に飲むのがより効果的な飲み方

 

1日に2粒を飲むと、1日に必要な成分を摂取することができるので、朝食後と夕食後に飲むことをオススメします。

 

早めに実感されたい方は、1日〜6粒を目安にして下さい。

 

しかし、どんなによい成分だからといっても、過剰摂取はトラブルの原因となってしまいますので注意が必要です。

 

たくさん飲めば効き目アップ!?めなりに副作用はあるの?

 

毎日飲み忘れずに、短くても数ヶ月は飲み続けることが、効果を実感しやすいでしょう

 

めなりに含まれる成分について

 

目の主成分の多くは脂溶性といって、食べ物に含まれる脂質が体内への吸収を助けてくれます。

 

めなりに含まれている、主な脂溶性成分は次の通り。

 

めなりならではの特長と併せてご紹介しますね。

 

ルテイン

ルテインは、水晶体や黄斑部に集中して存在しているカロテノイド系の色素。

 

ルテインの働きは、身体に紫外線やブルーライトなどの波長が小さい光を吸収して、人体に吸収されないようにブロック

 

この働きのおかげで、紫外線やブルーライトで活性酸素が作られるのを防いでくれています

 

しかし、ルテインは40歳を境にして急に減少していき、意識して補わないと紫外線やブルーライトによるダメージから、目や身体の老化現象がますます進行してしまうでしょう。

 

老眼予防には「めなり」を!眼精疲労の緩和に期待できる成分が充実!

 

めなりに含まれているルテインには、「フリー体天然ルテイン」を100%使用しており、体内に吸収されやすい構造のルテインを配合しています。

 

さらに、ルテインはめなりに含まれている「特許ビルベリー」と一緒に摂取すると、ルテインだけを摂取した時と比べて、ルテインの吸収率が179%にアップしますので、効率よく体内に取り入れることが可能ですよ。

 

ゼアキサンチン

ルテインと同じく、カロテノイド系の色素。

 

中でも「キサントフィル」という色素に分類される点が、ルテインと共通しています。

 

野菜では、パプリカやほうれん草などに豊富でな色素。

 

人間の体内においては、ルテインと同じく網膜の黄斑部に存在し、水晶体のルテインが不足し受け止めきれなかった紫外線やブルーライトをキャッチしてくれる、抗酸化作用を持つ成分です。

 

またアメリカの研究機関によると、ゼアキサンチンはルテインと一緒に摂取することで効果が高まることが分かっています。

 

詳しくは「AREDS2とその研究結果がルテインとゼアキサンチンにもたらす影響」を参照して下さい。

 

その比率は、ゼアキサンチンとルテインが5対1の割合になるのが理想で、めなりにはこの比率を守って成分を配合しているのです。

 

βカロテン

上記2つと同じくカロテノイドの仲間ですが、キサントフィル類ではなく「カロテン類」に属する色素。

 

人参などの緑黄色野菜に多く含まれていることで有名で、体内に取り込まれるとビタミンAに変換されるビタミンA前駆体として知られています。

 

βカロテンもまた、脂溶性で抗酸化作用があり、眼の組織全般の健康を保つ重要な成分

 

めなりが栄養機能食品である理由は、βカロテンの摂取量が夜間の視力を維持できる量が含まれているからです。

 

まとめ

これまで一般的に目に良いとされてきた「アントシアニン」も、もちろん配合されています。

 

目の組織が本来の役割を果たすには、食事に含まれている脂質と一緒に吸収を促すことが前提です。

 

また、いつ飲んでもOKとはいえ、目を酷使する人については時間を決めて習慣にすることも大切

 

1日2粒を朝食後と夕食後に飲むことをオススメします。

 

眼精疲労が重なると、眼球疾患の発症リスクが高まりますので、めなりを飲んで早くから予防していきましょう