老眼予防には「めなり」を!眼精疲労の緩和に期待できる成分が充実!

老眼予防には「めなり」を!眼精疲労の緩和に期待できる成分が充実!

 

老眼は、眼精疲労が慢性化すると加齢にかかわらず進行

 

ピント調整の役割をしている毛様筋や、光の量を調整している虹彩筋が衰えるといった症状のことを眼精疲労と呼びます。

 

毛様筋や虹彩筋は筋肉ですので、ゲームをしたりパソコンや車の運転により目を酷使することによって、酸化物質が蓄積しやすくなるのです。

 

すると、なかなかピントが合わせられずに、ぼやけてしまうことも出てくるでしょう。

 

ここでは、加齢に伴い訪れる老眼を、少しでも予防するためにオススメのサプリメント「めなり」をご紹介します。

 

>>めなりの公式サイトはこちら

 

まずは眼精疲労をとることから始めよう!「めなり」には有効成分がたっぷり!

 

老眼を予防するためには、まず日常の眼精疲労を緩和することに目を向けましょう。

 

疲労が溜まる原因は、大きく分けて次の2つ。

 

また、それぞれの現象に応じて「めなり」に含まれている成分が、作用することが期待されるのです。

 

紫外線やブルーライトにより活性酸素ができやすくなる

通常は、水晶体内にあるルテインが紫外線やブルーライトを遮断する役割を担います。

 

しかし、ルテインが不足した状態では水晶体を通過し、網膜までくぐり抜けてしまうのです。

 

その間、硝子体や黄斑部を紫外線やブルーライトが通過することで活性酸素が発生し、老眼や眼病の発症リスクを高める原因に。

 

気になる他の眼病予防については、「飛蚊症ってどんな症状?めなりは飛蚊症の改善が期待できるサプリ!」で詳しく解説していますよ。

 

ルテインは、光によって分解してしまいますので、体外から栄養素として摂取する必要があります

 

眼精疲労に悩まされている人には、欠かせない栄養素と言えるでしょう。

 

ほうれん草などにも豊富に含まれていますが、「めなり」にもルテインがたっぷり配合されていますので、毎日必要量を補うことで眼精疲労を和らげる期待が高まります

 

集中してものを見る頻度が多いほど酸化物質が溜まりやすくなる

神経や筋肉に関して、疲労を和らげ目の機能を維持するためには、ビタミンB群が必要不可欠。

 

めなりには、ビタミンB1・B2・B6・B12の4種類が豊富に含まれており、眼精疲労に総合的にアプローチする期待が高まります

 

なお、眼精疲労を和らげるために即効性のある医薬品として、点眼薬をよく見かけます。

 

薬店に行くと様々な症状に合わせて販売されていますので、めなりと点眼薬との相乗効果でより効果が期待できるでしょう。

 

実は近視の人も老眼になっている!

 

老眼は、遠視の人がなりやすいというイメージを持っている人が多くいます。

 

しかし、老眼のメカニズムを紐解いてみると、近視の人は遠視の人に比べて老眼の症状に気がつきにくいだけで、老眼は加齢に伴い誰でもなる可能性があるのです。

 

老眼というのは、水晶体内がだんだんと硬化し弾力を失うことで、厚さが調整できなくなり生じます。

 

弾力があれば、水晶体の周囲を取り囲む毛様体筋に引っ張られて薄くなり遠いところにピントを合わせることができるのですが、老眼になるとそれができにくくなってしまうでしょう。

 

対して、近くにピントを合わせる時は毛様体筋で引っ張られる力が弱まっている状態ですので、水晶体は元々の厚さと大きな変化はありません。

 

もともと近視の人が老眼に気がつきにくい原因は、ここにあるのです。

 

まとめ

老眼は、白内障緑内障につながる症状です。

 

白内障は水晶体内のたんぱく質が変性する症状でもあり、水晶体が硬くなることで眼圧が高くなりやすく、緑内障を引き起こすリスクが高まります。

 

こうした眼病と言われる症状を引き起こす、そもそもの原因は老眼にあるといえるでしょう。

 

もっと前の段階で眼精疲労を緩和できれば、老眼の発症を遅らせることが可能です。

 

めなりには、眼精疲労緩和に欠かせない成分がたっぷりと配合されていますし、1日6粒までを上限として、ご自身で調整しながら飲んで目の健康を手に入れましょう。