緑内障に効果的?!視野が欠ける症状には「めなり」がおすすめ!

緑内障に効果的?!視野が欠ける症状には「めなり」がおすすめ!

緑内障に効果的?!視野が欠ける症状には「めなり」がおすすめ!

 

緑内障は、眼球の中にある液体成分「房水(ぼうすい)」の生成量と排出量のバランスが取れず、基準値よりも眼圧が高くなることで起こります

 

眼圧が高くなると、視神経が圧迫され死滅してしまいます。

 

すると、脳へ情報が届けられず、徐々に視野が欠けたり(視野狭窄・視野欠損)、やがては失明に至ることも。

 

視野が欠けていくことから、すぐに症状に気付きやすいのではないかと思われるのですが、欠けた視野は脳が見えているものとして勝手に視野を補います。

 

そのため、緑内障については自覚症状が少ないのです。

 

結果、気付いたときには視野が欠けたまま元に戻ることなく、失明に向かって進行していくことも少なくありません。

 

このように、一度発症すると恐ろしい緑内障ではありますが予防策はあります

 

今回は、緑内障に効果が期待される成分を補うことができる、サプリメント「めなり」をご紹介します。

 

>>めなりの公式サイトはこちら

 

緑内障に効果が期待できるのはなぜ?

めなりは、緑内障の症状である眼圧の上昇に対し有効に働くことが期待されます

 

その際に効果を期待できるのは、「クロセチン」

 

緑内障で視神経の束に眼圧がかかると、視神経は死滅してしまいます。

 

視神経は再生されることはありませんので、これを防ぐことが予防策に!

 

クロセチンは、視神経を保護して視神経細胞を守る働きが期待できるのです。

 

めなりは白内障にも効果的?詳しくは「白内障の予防には目のアンチエイジングサプリ「めなり」が効果的! 」で解説していますよ。

 

クロセチンは緑内障の中でも「正常眼圧緑内障」の改善効果に期待

正常眼圧緑内障」といって、眼圧が変化しない種類の緑内障の改善効果が期待されています

 

この種類の緑内障は、近年の研究で原因が判明しつつあり、興奮性神経毒性物質が視神経を変性させてしまうことで起こる可能性が指摘されているのです。

 

緑内障の予防にめなりをオススメする理由と

 

他のサプリメントと比較して「めなり」をオススメしたい理由は、「ルテイン」の還元率を1.7倍高める成分構成で作られているから

 

その秘訣は、クロセチンというクチナシの花から抽出した成分にあります。

 

クロセチンは吸収スピードが速いため、ルテインの抗酸化作用を相乗効果で高めるのです。

 

ルテインは、そもそも食品から補給しないと加齢に伴い減少。

 

老眼予防には「めなり」を!眼精疲労の緩和に期待できる成分が充実!

 

体内のルテイン量は、40代以降に急激に減少するという調査結果もあります。

 

ルテインは、紫外線やブルーライトなどを水晶体でブロックすることや、網膜の中で最も光が集まる黄斑部で光を受け止め、酸化を防止する働きが期待できるでしょう。

 

またクロセチンは、ルテインに期待できる効果を引き出す成分でもあるのです。

 

まとめ

緑内障は、眼圧検査でわかります。検査は健康診断や人間ドッグでも可能ですよ。

 

緑内障は、自覚症状が出るともはや手遅れという可能性もある症状です。

 

早期発見のためには、定期的な健康診断を受けるようにしましょう。

 

緑内障の予防策として、有効成分がたくさん配合された「めなり」を試してみてはいかがでしょうか。